2022年05月17日

皐月は稲作の月!

今週もオンエアお付き合いくださり、ありがとうございました!
月曜日担当のパーソナリティ、あゆあゆこと、林 亜由子です

初夏のような陽気が続いていたから、少し気温が下がると途端に肌寒く感じますね。。
気温差もそうですし、喉の渇きにも気付きにくい時期なので、ぜひ水分補給しながらHANAKOもお楽しみくださいね

今週の「元気トークかどま」はお休みでした。
ですが、来週ゲストさんをスタジオにお迎えしてお話をお伺いする予定にしていますのでぜひぜひお楽しみに



メッセージテーマは「田んぼ」でした。
私、これまで知らなかったのですが、皐月という5月の別名は「さ」が日本の古語で稲作・耕作を意味するところからきているんだそうです。
これには諸説あって、「早苗を植える月」という意味が縮まって「さつき」になったという主張もあるのですが、どちらにしろ稲作に関連したネーミングなんだな〜ってびっくりして…
「皐」という字も、神様に捧ぐ稲、という意味を含むと言われているそうです。
そういえば江戸時代の画家に黒田 稲皐という人もいましたね。

というわけで、皆さんの幼い頃の思い出話、ご実家や親戚の農家さんのお話、普段の食卓への感謝や食料自給率まで、さまざまなトピックでメッセージを頂きました🍚
タニシ、ザリガニ、カブトエビ…懐かしい生き物の話をたくさん聞きました。私も遊んでたな〜〜っ!
あと、個人的にはレンゲやクローバーの花がたくさん咲いていたなって思い出もあります。花冠作ったりしたなぁ…。



そんな田んぼのお話に少し関連させて、「ノスタルジック・ワールド」では美空 ひばりさんの『旅の角兵衛獅子』をお届けしました。
1952年公開の映画の主題歌です。人気が出ての続編、ということになるのかな?

いろんな時代を重ねて今があるのだな、と痛感するのですが、江戸時代、当時の凶作・飢饉・洪水の末に、何とか収入を得るためにと子供達に獅子舞などの大道芸を仕込んで旅回りさせるというパフォーマンスが生まれました。
口減らしのために売られて親元を離れ、厳しい稽古や時には暴力も受けた子供達の悲哀をお嬢が歌っています。
昭和初期に児童虐待防止法が生まれたことで、この大道芸は一旦姿を消し、その後郷土芸能として確立し、今に伝わっています。
様々な文化や価値観があることや、今、食卓の前で手を合わせられるありがたさを改めて感じますね…。

agvaUAEOEEH.jpg

さて、来週のテーマは「あなたが今書きたい手紙」です。
来週の5/23は「こいぶみ」と数字を読めることにちなんで、ラブレターの日なんだそう。
あなたは今、誰に、どんな手紙を綴りたいですか?
ぜひぜひお聞かせくださいね✉

それではまた来週お耳にかかります!
素敵な一週間をお過ごしくださいね〜〜
posted by FM-HANAKO at 17:27| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | (月)林亜由子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です🌸〜。

皐月という5月の別名は
「早苗を植える月」という意味が縮まって「さつき」
亜由ちゃん勉強になりました。👯📚

閑話休題〜。🙋

亜由ちゃんのブログはホント読み甲斐が有るの
番組のおさらいが出来るし再確認も出来ます。(^^)/

でもそれだけでは有りませんよね。
亜由ちゃん、私を誰だと思っているんですか。
メンタリストのhana-hanaですよ〜。はい!👯👯👯

このブログでの
亜由ちゃんの「隠れ言葉」を「陰謀」を読み取りましたよ👯

>「皐」という字も、神様に捧ぐ稲、という意味を・・・
>そういえば江戸時代の画家に黒田 稲皐という人も・・

>「江戸時代の画家に黒田 稲皐という人もいましたね」

「黒田 稲皐」と言う画家、みんな知らないと思うの?👯
なのに何故ここで紹介したのでしょうか?
ただ単に「皐」が名前に有るから・・・

違います!。
「黒田 稲皐」の本名を調べました私。💦💦

『江戸時代後期の絵師、鳥取藩士。本姓は林。名は文祥』

姓名が「林」さんなんです!!
亜由ちゃんも「林さん」

これはただの偶然ではないのです。
亜由ちゃんの巧妙な「隠れ言葉」なんです。
亜由ちゃんの「陰謀」なんです。👯

亜由ちゃん選挙出るんでしょ
そのためのサブリミナル効果?

その時は私、選挙カーで「うぐいす」しますとも、はい!
その前に私「あたまのお医者さんに行ってきま〜す」💦💦👯


来週も
「あゆあゆワールド」に笑顔の🌸🌸🌸が咲きます様に〜

Posted by hana-hana at 2022年05月23日 08:59
■補足
津軽三味線の事も少し調べました。

発祥や歴史に関しては定かではないんですが原型は新潟県で活躍した瞽女(ごぜ・目が不自由な女性芸能者)の楽曲だと考えられています。 それが津軽のボサマ(目が不自由な男性旅芸人)に伝わり、家々の軒先で三味線を弾き米やお金を受け取る「門付け芸」として広まっていったと言われています。

「ノスワド」のひばりさんの『旅の角兵衛獅子』。
飢饉・洪水で収入を断たれ7〜15才の子供達が獅子舞などの演じて収入を得る・・・。
津軽三味線も津軽のボサマ(目が不自由な男性旅芸人)さんが生きていくのに磨かれたんでしょうね。

歴史的な背景を知る事で今の「平和の大切さ」を感じました
亜由ちゃん勉強になりました!。

■余談
今日はラブレターの日でテーマが「今書きたい手紙」
私毎週「アユサチ」さんにメッセージと言う名の
「ラブレター」届けているもんね〜。はい!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Posted by hana-hana at 2022年05月23日 21:35
こんにちは!
ブログへのコメントありがとうございます!

一緒にオンエアを振り返りながらブログ読んでもらえるの、とっても嬉しいな〜って思います🌸
自分にとっては、お話するのもブログを書くのも、どっちも楽しくて大事な時間なので…♡

そして黒田 稲皐さんのお話…!
hana-hanaさんの分析が私の想像以上に深すぎて!!!👏
なるほど!!
「稲」と「皐」を結び付けるワードとして彼の名前を挙げたのですが(本名が林なのも調べた時にちらっと見てはいたのですが)、リスナーさんがそこを指摘してくださるとは思いもしなかった…!!!
こうやって、自分の想像以上にトピックを広げてくださるの、メッセージテーマなんかもそうなんですがとっても楽しいです✨

hana-hanaさんのウグイス嬢ボイスはぜひ拝聴したいな〜!🎤

そして!
三味線が先週の美空ひばりさんの楽曲に関連していたとは!
改めて、芸事とか時代背景とか、おいしく食事をできるありがたさとか感じました…。
いっしょにいろんなことに思いを馳せてくださって感謝です。

ラブレター、毎週嬉しく受け取っています!
先週も今週も、オンエアお付き合いくださりありがとうございました🌸
Posted by あゆあゆ at 2022年05月24日 14:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック