2019年07月15日

りんくる♪ゲストA【 門真国際映画祭2019】

りんくる♪ゲスト2組目は、特定非営利活動法人 門真フィルムコミッション
理事長の奈須さんと、事務局長の佐久間さん
門真国際映画祭2019」についてお話いただきました🎥

毎年7月最終週を開催期間とし、
「映像の祭典」となることを目標と定め、
映像文化全体の振興をはかろうという取り組み。
昨年からスタートしました。

今年は当初、7/26〜7/28の3日間での開催を予定していましたが、
あまりにも応募作品数が多く、素晴らしい作品も多数あったということで、
24〜28までの5日間の開催となりました
会場は昨年と同様、門真市立公民館(新橋町)です。

今回は海外作品部門で12の言語で募集をしたところ、
38の国と地域から1,000本ほどの作品が集まったそうです
審査するのも大変です💦
奈須さんは240本以上、佐久間さんは300本以上の映画を
ご覧になって審査されたそうです!!

審査は40人で行ったそうですが、絞りに絞った105の入賞作品が、
期間中に門真市立公民館で上映されます。

先週のプロ木にも出演していただき、
その時は海外作品のことを中心にお話いただきました。
今日は国内作品のお話を。

今をときめく有名俳優さんの作品も多数あるそうです。
例えば、大御所の渡辺いっけいさんや、若手の泉澤祐樹さんや岡山天音さん、
大阪出身の中条あやみさんの学生時代の作品などなど。

もちろん無名の監督・俳優の作品も面白いものがたくさん
中学生がスマートフォンで撮影したという映画もあるそうです
奈須さんがおっしゃるには、
「将来、資金やスタッフに恵まれれば大化けするのでは!?」
という、期待の新人監督です

5日間通し券で2,000円です。
105本見放題だなんて、安い
これは、中高生でもお小遣いで何とか出せる金額ではないか、
という奈須さんの心意気です

入賞作品、チケットについてなど、
詳しくは門真国際映画祭2019 HPをご覧ください。

 190715門真国際映画祭2019 奈須さん、佐久間さん.jpg
posted by FM-HANAKO at 23:44| 大阪 ☀| Comment(0) | (月)林容子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。