2019年04月17日

愛おしい葉桜

こんにちは
まだハスキーボイスの川中博子です

お聞き苦しい声をお届けして本当に申し訳ありません
リスナーの皆さんを始め、HANAKOスタッフや多くの方々に
ご心配とご迷惑をおかけしました。

ぼちぼち良くなっています。。。(ぼちぼち・・・て)

ほんの数日前には、元気一杯で守口・門真市内を巡り、
桜を堪能していたことが夢のようです。
そういった意味では、今年は忘れられない桜 になりました。

IMG_6775.jpg IMG_6771.jpg

そして先週の番組終盤には・・

IMG_6719.jpg

に助けていただき・・・あ違う、
ドラえもん大好きの三宅奈緒子さんが駆けつけてくれました。
本当にありがとうございました

ラジオの前のお若いあなたも、どうぞ健康を過信せずに
気をつけてお過ごしください

番組では言わなかったのですが、実は寝込んでいた時に脱水症状を起こし
頭痛と吐き気、手を見るとむくんでいる・・・そういえば意識も朦朧と・・・
川の向こうで誰かが呼んでいる・・・

きゃー (それは冗談ですが)

そのあと、お医者様にこっぴどく叱られました。
水だけじゃダメ、スポーツドリンクを飲まないと!!

あんた死ぬとこやったで!すぐに点滴

熱中症もそうですが、言うまでもなく脱水症は夏だけではありません。
体力が落ちている時や、小さな子供、高齢者!は特に体の水分量が
知らず知らずのうちに不足しているという・・・

おかげ様で黄泉の国から戻ってきました(ただいま)

さて今週のプロ水は、お電話でインタビュー
歌手生活51年目の大川栄策さんです。

4月10日に発売された通算102枚目の新曲
「未練なんだぜ」のお話を伺いました。

別れた女を忘れられずに男泣きするこの曲は
作曲は大川栄策さんご本人ということもあり
艶っぽく歌い上げていらっしゃいます
ぜひリクエストもお待ちしています

そして続いてはおなじみ「名作朗読会」の方々に
スタジオにお越しいただきました。

代表の酒井寛子さんは、春の訪れを綴る詩歌三題

島崎藤村の「千曲川旅情の歌」
高村光太郎の「あどけない話」
室生犀星の「水鮎のうた」

メンバーの市原礼子さんは民話「安珍と清姫」を
朗読してくださいました。

平成もあとわずかになりましたが、
時代が変わっても、日本の美しい文学作品は
決して色あせることはないでしょう。

平成から令和に元号が変わろうとしている今
日本語の美しさを改めて感じさせていただきました

2019.4.17                名作朗読会.jpg

さて来週はいよいよ・・・

世間でイヤと言うほど言われている

平成最後の・・・

プロ水大抽選会
テーマはありません。

IMG_6754.jpg

葉桜を見て、また愛おしいと思う川中博子でした。
生きてて良かった。

ではまた来週〜

posted by FM-HANAKO at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | (水)川中博子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。