2018年10月22日

10/22 りんくる♪ゲスト【風疹をなくそうの会「hand in hand」 大畑茂子さん】

「風疹はMRワクチンで予防できる病気です」
「あなたの行動が子どもの未来を守る」


全員集合!井戸端倶楽部の出演者でもある守口市在住の大畑茂子さんは、
風疹をなくそうの会 hand in hand」のメンバーで、
この風疹の恐さ、ワクチン接種の重要性を訴え続けておられます。

大畑さんは、妊娠14週の時に風疹に罹患されました。

妊娠中に風疹に罹ると、
お腹の中の赤ちゃんの目や耳、心臓に障がいが出る可能性があります。
いわゆる「先天性風疹症候群」です。

大畑さんは「自分のお腹に宿っている自分よりも大切な命を自分の手でなかったことにすることは絶対にできない」と、出産され、生まれてきた娘さんは、右耳が聴こえにくい難聴となりました。

「出産したことは全く後悔していない。でも、21年前に風疹に罹ってしまったことはずっと後悔している。娘に申し訳ない思いでいっぱい」
「そんな辛い思いはもう誰にもしてほしくない」
と大畑さんはおっしゃいます。

それは、私たち一人一人の意識と行動で防ぐことができます
風疹の予防接種(MRワクチン)をすることで、防ぐことができるのです。
年代によって2回接種している人、1回接種している人、
1回も接種していない人がいます。
また、接種していないけど子どもの頃に風疹に罹っているから大丈夫、
と思っている人。その方は今一度確認をしてください。
風疹と思っていたけど実は別の病気だった、とか、
年月が経って抗体が減少している可能性もあります。

大人は風疹になってもいずれ治ります。
しかし、お腹の中の赤ちゃんには一生障がいが残ってしまうのです。

自分に風疹の抗体がなかったり少なければ、どうか予防接種を受けてください。
抗体があるかわからなければ調べてください。
それは、女性だけではありません。男性こそ受けていただきたいのです。
あなたの行動が子どもの未来を守ります。


もっともっと多くの人に風疹の恐ろしさと、ワクチン接種の重要性を伝えるために、
風疹をなくそうの会は、関西芸術座公演の舞台「遥かなる甲子」を主催されます。
ぜひ、ご覧ください!!

 181022遥かなる甲子園フライヤー.jpg

また、この舞台を実現させるためのクラウドファンディングも行っておられます。
10月19日からスタートしたんですが、なんと21日に目標金額達成
風疹に対する関心が高まっているように感じられます。
しかし、まだまだ十分ではありません。
この公演は関西だけでなく、関東でも行いたい!ということで、
次の目標「ネクストアクション」を設定されています。
3,000円からご協力いただけますので、ぜひともご協力ください

詳しくは→「遥かなる甲子園」クラウドファンディングについて

 181022風疹をなくそうの会 大畑さん .jpg
  

posted by FM-HANAKO at 23:03| 大阪 ☁| Comment(0) | (月)林容子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。