2018年02月01日

映画監督 井上泰治さん

1月最終週の「プロムナード824水曜日」にお付き合いをありがとうございました

今日はゲストに、映画監督・シナリオライターの井上泰治さんをお迎えしました

京都太秦撮影所の重鎮といわれている監督だそうで緊張していましたが、
柔らかい眼差しをされたとても優しい方でした

助監督時代から時代劇を中心に活動され、今までに300本近く手掛けられた中、代表作品は、

長七郎江戸日記
水戸黄門
大岡越前
江戸を斬る
半七捕物帳
さむらい探偵事件簿
江戸の用心棒…などなど。

私が小さい頃(?)から観ていた有名なテレビ番組の名前が…

五代目水戸黄門の里見浩太郎さんとは、井上監督が助監督時代からの長いお付き合いだそうです。

小学生から年配の方までが参加している「時代劇ワークショップ」では、
所作を含め美しい日本語なども教えていらっしゃる監督。

今回そのワークショップのメンバーが主力として参加する、
井上監督作・演出の舞台「ひいらぎ・疾風編」の公演があります。
いずれ映画化もされる予定

時は享保。八代将軍、徳川吉宗公の時代。
一人の娘が伊賀を旅立った。
娘の名は柊。

タイトルにある「ひいらぎ」は、娘の名前〜柊だけではなく、
冬に白い花を咲かせる植物の柊に、影で動く忍者の姿も重ねているとか。
行方の知れない母を探す1人の娘。
忍者をはじめ様々な人間模様が展開される…

舞台では吉原や大奥も登場するそうですから、時代劇ならではの衣装やかつら、
そして忍者のアクションもお楽しみください。

作・演出/井上泰治

舞台「ひいらぎ・疾風編」

日時 : 2月15日(木)/ 7 : 00PM
2月16日(金) / 2 : 00PM、7 : 00PM
2月17日(土)/ 2 : 00PM、7 : 00PM

会場 : 道頓堀ZAZA 中座くいだおれビル地下1階
料金 : 前売3.000円 当日5.000円(シニア学生3.500円)

大阪府ナイトカルチャー発掘・創出補助事業
後援/日本忍者協議会

チケットのお求めは
https://www.ninja-night.com


井上監督、これからもご活躍をお祈りしています

180131ゲスト井上泰治監督2.jpg

……………………………………………………………………………………


来週のテーマ

「何も今でなくても

こんな時に限ってーという出来事はありませんか。

急いでいる時に限って、ストッキングが伝線している…

約束に遅れそうな時に限って、ご近所さんにつかまる…
何も今でなくても…などなど

お待ちしています〜
posted by FM-HANAKO at 18:03| 大阪 ☔| Comment(0) | (水)川中博子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。