2017年02月15日

お国ことば

今週のプロ水はダブルゲストでした

最初にお迎えしたのは、青森出身の俳優&シンガーソングライターの畠山智行さん

スタジオで弾き語りをしてくださったのは津軽弁全開の曲
どうもフランス語にしか聞こえないのに、素敵なラブソングとわかるのは何故だろう…

歌ってくださった曲は、アルバム『「津軽魂」〜青い森』にも収録されている
「嶽のきみわだげのキミ」…ダケノキミワダゲノキミ?

青森の岩木山の嶽(だけ)で採れるトウモロコシが「嶽のキミ」という。
おばあちゃまの名前がキミさん
私だけのキミになってほしいのに、キミさんは嶽のキミが好き。
キミが好きな君は私だけの……いや君が好きなのはキミ…

ははぁー!大阪弁の例でよく耳にする「あの犬チャウチャウちゃうんちゃうん…」と似たくくり?

…ま、それはさておき

畠山智行さんのプロフィールを簡単にご紹介しましょう。

大学卒業後シンガーソングライターを目指し上京するも、映画で俳優デビュー。
その後、舞台の楽曲提供や、ミュージカルで華原朋美さんや
島谷ひとみさんの相手役を務めるなどの活躍をはじめ、

映画、テレビ、ラジオや舞台など、俳優としての実績を積み上げて来られました。
その後津軽弁による朗読と弾き語りをスタートし、
HANAKOの番組にも何度かゲストでお迎えしている竹本孝之さんの青森ライブツアー参加をきっかけに、
ライブ活動の場を広げていらっしゃいます

そして畠山智行さんは、現在シアターセブンで公開中のオムニバス映画にも出演されています。
5人の若手監督がそれぞれのジャンルで創り上げた新感覚のオムニバス映画で、
畠山智行さんは最終話「V」の中でドラマーを演じていらっしゃいます。
最終日2/17(金)は舞台挨拶されるそうでので、ぜひお出かけください



畠山智行さん、温かい津軽弁と共にまたスタジオに遊びに来てくださいね。
ヘバダバー(ではまた

畠山智行ブログ

image1.jpeg

さて続いてのゲストは、2年ぶりにお目にかかった演歌歌手の花咲ゆき美さん
BIG CATでの流行歌(はやりうた)ライブを終えてスタジオに来てくださいました。
(明日はKOBE流行歌ライブに出演されます)

偶然にも、花咲ゆき美さんもお生まれが青森だそうですよ
南部弁と津軽弁の違いはあれど、今日のプロ水は青森弁と大阪弁が飛び交っていました(笑)

北島三郎さんに付けられたニックネームが「なんづき」
青森のお国ことばで「額〜おでこ」の意味だそうです…なんて可愛らしい

今年デビュー10周年の節目を迎えられるそうですが、初々しいイメージは変わりません。
「やっと大阪のたこ焼きを食べる事ができました!ちょっと火傷しました…

やっぱり可愛らしい〜

ところが新曲の「おんな炎(び)」は、c/wの「揚羽蝶」と共にどちらも、
燃え上がる女の情念をじっくりと歌い上げています。

演歌の妖精と呼ばれている花咲ゆき美さんの、今までとはまた違う魅力を感じてくださいね

次回お目にかかれる日を楽しみにしています

花咲ゆき美さんゲスト20170215.jpg

さて来週はもう2月最終週!
テーマはありませんが、大抽選会をおこないますので、どうぞお楽しみに
posted by FM-HANAKO at 19:36| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | (水)川中博子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック